モノコックボディをはじめとしたボディの進化

クルマのボディの役割としくみ

クルマの構造というのは、エンジン・シャーシ・ボディの3つに大きく分けることが出来る、と最初の方にお話をしたと思うのですが、最近のクルマというのは、シャーシとボディの区別をつけるのが難しくなってきています。シャーシとボディの境目が非常に分かりにくい造りになっているのです。というのも、レーシングカーではない一般的なクルマというのは、ボディとフレーム部分が一体化したモノコックボディになっていることが多いのです。乗用車の大半がモノコックボディになっています。

モノコックボディというのは、日本語で言うと単殻車体なのですが、クルマだとフレームとボディが一体型になったタイプのものを言います。板状の鉄だと小さな力で簡単に変形するけれど缶のように箱状にだと変形しにくい、という特徴を応用して力の分散実現させたもの、それがモノコックボディなのです。

トラックの場合、梯子型のフレームにボディを架装したフレーム別体ボディと言われるタイプのものが多いです。これは、トラックは重量物を積載するという用途が主であることから、物を運ぶという観点でみて強度を最優先に考えているのです。乗用車タイプになると、トラックレベルの重量物を積載するということはまずなく、人を運ぶということを主な目的としますので、ある程度の強度は守りつつ軽量化させたモノコックボディが最適と言えるのです。

最近の傾向では、力が加わっても変形を少なくする、ということに力を入れており、クルマのカタログを見ていても「ボディ剛性」という言葉をよく見かけます。力が加わることによってモノが変形をするのは当然のことではあるのですが、その変形を少しでも少なくするためにボディ剛性の性能を高める努力が行なわれているのです。

ボディがすぐに変形をするようでは、いくらポテンシャルの高いサスペンションを設計しても、サスペンションが持つ力を十分に発揮させることは出来ません。また近年は、クルマの安全性というのが特に重要視され、衝突安全というものに力を入れてきています。

衝突安全の観点からすると、衝撃を受けた際にボディの一部分は衝撃を吸収するために変形しやすい構造にすることも大切なのでは、という考え方が進んでいるようです。これまでは、変形しないボディを目指していたのが、一部変形するボディというのに注目があつまるようになってきています。クルマのボディの設計は、今後も研究開発が進み、より高度な技術が必要になってくるでしょう。

 


【INFO】
車の売却をお考えなら、車の一括査定の活用をご検討ください。
複数社に対して、一斉に見積もりを簡単に取り、最高値を出してくれた業者に対して、車を売ることが可能です。

詳しくは、車売るなら車一括査定ガイドにて解説をしています。